妊活サプリメントを成分からチェックしていました。

不妊に本当に良いのはコレ!と私たち夫婦が選んだのは、どれでしょうか?

妊活をはじめた私たちが無事、妊娠成功に至るまでのお話です。

あなたの妊活サプリメント選びに活用してください。

妊娠にはやはり妊活サプリの助けが必要?

妊娠にはやはり妊活サプリメントの助けを借りるべきなのでしょうか?

私は主人との結婚を機に仕事を退職、周囲の期待もあって妊活を始めました。

しかし1年近く経っても子どもを授かることができません。

主人は長男で、義両親は名家とは言わないまでも、地域では古くから代表のようなことをしているせいか、やはり後継をと望んでいるふしがあります。

女の子でも婿をとってくれるなら良いのでと、性別にこだわりがないのが唯一の救いですね。

ことさら嫁に入った私を卑下するわけではないのですが、近所や親戚で子どもができたという話を聞くたびに、羨ましそうな態度を見せるので、申し訳なく思っています。

子どもの有無もご縁なのかもしれませんが、私も既に34歳と、もうすぐ高齢出産の仲間入りです。

より確率が下がる前にという気持ちもあって、つい焦ってしまいます。

主人も私も、不妊になるような原因は特に見つかりませんでした。

妊活を始めてからは健康にも気を使ってくれていますし、私自身も毎日の食事などで補っています。

基礎体温のチェックも行い、夜のタイミングも問題はないはずなのですが…。

栄養は食事ではカバーしきれないこともある

ある日、かつて妊活を経験した先輩でもある友人に、話を聞くことにしました。

彼女も1年以上妊娠できない状態が続いたそうですが、今では3人もお子さんがいます。

授かったきっかけがあれば、教えて欲しいと思ったんです。

その答えは妊活サプリでした。

というのも、栄養は普段の食事では補うことは難しいと言うんです。

まず葉酸やマカなど妊娠に必要と言われる成分は、含有量が少ないこともあります。

ビタミンなど普段から摂取したい成分でも、全種類をきちんと摂取しようと思ったら食事内容が膨大で、食べきれないこともあるとか。

もちろん食事で得られる部分は得ますが、サポートとして妊活サプリの存在は不可欠だと言われました。

でも妊活用のサプリって、一体どれを選べば良いのでしょう?

友人の場合は、足りてないなと思った成分を片っ端から摂取していたようですが、できれば1つにまとめてしまいたいものです。

そこでクチコミなどで評判のサプリのうちから、私に合うものはないか探すことにしました。

今回見つけたのは、「若榴da檸檬(ざくろだれもん)」、「マカナ(makana)」、そして「ママナチュレ」の3つです。

「若榴da檸檬」は体を温めたい時にぴったり

1つ目の若榴da檸檬は、ザクロとレモンの2つの果物を中心に、体の冷えをケアしてくれる酵素ドリンクです。

ザクロは国産で若摘み、皮や種も一緒にドリンク化しているのが特徴。

主に子宮や卵子の抗酸化に役立つエラグ酸や、女性ホルモンに近い働きをするエストロンが重要なのですが、これらの成分は果肉よりも種や皮の方が含有量が高いのだそう。

生のザクロを食べても、種や皮って捨ててしまうことが多いですよね?

つまり素材そのままを摂取しても、必要な栄養は十分とは言えません。

若榴da檸檬はそんな損をなくした製品なんです。

もう1つのレモンも若摘みで、黄色くなる前の青レモンを使っています。

レモンは部位よりも青い時点であることがポイント。

熟す時に使われてしまうのか、黄色いレモンよりも青レモンの方が主成分の含有率が高いんです。

特にクエン酸による抗酸化と、ヘスペリジンによる血流アップが魅力。

もちろんビタミンCも抗酸化や体を温めるのに役立っていますよ。

山ぶどうと山野草で栄養バランスにも配慮

若榴da檸檬にはほかにも、山ぶどうや山野草が入っています。

山ぶどうなら鉄やポリフェノール、ビタミンCが豊富。

山野草は個々にビタミンやミネラルなど栄養価が高いファイトケミカルとして知られていますが、特に病気予防に繋がる成分を優先して採用しています。

しかも発酵においてはビフィズス菌などの善玉菌を利用。

妊娠時の栄養不足をカバーすると同時に、お腹の調子を整えて栄養補給も行いやすい状態にしてくれます。

そもそも若榴da檸檬自体が酵素ドリンクであり、使っている酵素数52、酵素の威力は500倍もあるそう。

たくさんの酵素を1年かけて発酵させることで、大幅なパワーアップを可能としています。

酵素ドリンクを飲んでいる方は、お持ちのドリンクと酵素数を比べてみては?

定期お届けコースで特典もゲット

若榴da檸檬を注文する際は、定期購入を選ぶとお得です。

定期お届けコースという名前で、毎月自動発送、また定価から10%割引してくれます。

また初回分に限っては半額近い値段になっていることや、本品にプラスしてミニサイズを2本セット。

さらに1500円分のポイントもついてきます。

次回分の購入に充てれば、初回だけでなく2回目もよりお得に買えますね。

ちなみに定期によくある購入回数は存在しません。

1回でやめることもできますから、お試し感覚で1本だけ買ってみようという人にも、定期お届けコースはおすすめですよ。

口コミでも人気です。
若榴da檸檬(ざくろだれもん)の口コミ効果やコスパを評価!子宝ドリンクの噂は本当?

質も量も配慮した「マカナ(makana)」

2つ目のマカナ(makana)はサプリです。

オールインワンサプリと呼ばれているほど、栄養が充実しているのがポイント。

主に4役を備えていて、葉酸、マカ(妊活サプリ)、マルチビタミン、そしてマルチミネラルの4種類のサプリを同時に飲むのと同じなんです。

個別のサプリであればいくつかありますが、全部を1度に飲もうと思ったら粒数もかなりの数になりますし、それぞれ購入しなくてはいけないなど手間ですよね。

マカナならその省略にもなります。

また管理栄養士が考案しただけあって、各成分の量にも注目しているのが魅力。

例えば葉酸は、厚生労働省が推奨している400μgをしっかり補給できます。

ビタミンEと鉄においては栄養機能食品に認定されるほど豊富に含んでいる他、認定こそされませんでしたが、ほかにも10種類以上の成分が栄養機能食品としての基準値をクリアしているそうです。

ほかにも妊娠をサポートしてくれるDHAやEPA、リラックス効果が見込めるGABA、22種類の野菜などを4粒に濃縮しました。

スーパーでは得にくい食品も多数

オールインワンの4役なら、上でも触れたようにほかでも得ることは可能ですよね。

しかしマカナには、ほかにもここだけかもしれない素材が入っています。

例えばスーパーフードとして知られるスピルリナ

スピルリナだけでもミネラルやビタミン、タンパク質など5大栄養素の補給が可能です。

タンパク質においては必須アミノ酸9種類を全て含むなど、質の良さも魅力ですね。

また体の冷え対策としてしょうがが入っています。

中でも金時生姜という品種を採用しているのですが、普通のしょうがの4倍ものポカポカが期待できるとか。

しょうがの体を温めてくれる成分はジンゲロールというのですが、この含有量が通常のしょうがの4倍なんです。

さらにガラノラクトンという成分で、気持ちの穏やかさもキープ。

妊活はもちろん、妊娠から出産後もイライラや不安は抱えがち。

GABAと併せて活用しましょう。

リラックスといえば、ルイボスティーも入っています。

気持ちをリフレッシュさせてくれるとともに、体のバランス調整もサポート。

お茶ですがノンカフェインなので、赤ちゃんへの影響も懸念しなくて大丈夫です。

夫婦で始める2袋セットもおすすめ

マカナ(makana)にも定期購入があります。

毎月1袋でも初回は40%割引で2回目以降も10%割引での継続、解約制限なしなどのメリットがありますが、より良いのは毎月2袋届けてくれるご夫婦協力コース。

妊活は男性の協力も不可欠ということで、旦那さんにも飲んで欲しいという意味でこの名前になっているようです。

もちろん一緒に妊活を頑張る友達と、まとめ買いとして利用しても良いですよ。

ちなみに定期購入は最大で20袋まで可能なので、3人以上の方がまとめて注文することもできます。

ただ1日5粒以上は過剰摂取になる成分があるかもしれないので、1人で2袋ペースにすることは避けてください。

マカナ(makana)は、口コミでも人気です。
makana(マカナ)の口コミと妊活に良いという噂は本当?

「ママナチュレ」は葉酸+αサプリ

3つ目のママナチュレもサプリタイプです。

こちらは葉酸サプリですが、中身をみると葉酸だけではないようす。

マカナでも採用しているマカを300mg含んでいますし、ピニトールも同じだけ入っています。

ピニトールは葉酸と同じくビタミンに属する成分で、主にイナゴマメの鞘に多く含まれています。

主な効果は女性ホルモンのバランスを整えることで、男性ホルモンが増えすぎている人におすすめ。

ほかにもザクロやルイボスティーの粉末、大豆イソフラボンなどが入っていますから、ピニトールの効果と合わせると女性ホルモンを整えることに重点をおいているのかもしれませんね。

ちなみに鉄のみですが、ママナチュレも栄養機能食品として認定されています。

また乳酸菌が通常のタイプと、シールド乳酸菌の2通り入っているのもポイントです。

シールド乳酸菌とは、名前の通り外部から守る能力に特化していて、摂取すると免疫力アップにつながります。

ママナチュレは、もちろん葉酸も、マカナと同じく400μgがきっちり入っていますよ。

1日分は3粒なので、マカナより1つ少ないですね。

180日以内なら返金も対応

マカナもやはり定期購入がおすすめ。

こちらは上の2つと違い、合計6回の受け取りが必要ですが、同じ期間だけ返金保証も設けられています。

ですが気をつけたいのが、返金されるのは最初の1回分のみであること。

また規定回数受け取りを行っているのが条件ですから、5ヶ月目の末以降に最後の6回目を受け取り、ようやく申請が可能と思ったほうが良いでしょう。

若榴da檸檬やマカナは最初のお金が戻ってこないのは損失でありますが、ママナチュレは6回分支払って初回分のみ返金なので、とりあえず試したいという方には難しいかもしれません。

ただ初回分が50%オフで購入できる上、2回目以降も37%オフと、割引額が大きいのは魅力。

確実に続ける人にはもっともコスパが良い製品です。

口コミでも人気です。
ママナチュレの葉酸サプリの口コミ評価!他との大きな違いはある?

どの素材を優先するかでもおすすめは異なる

種類と含有量を比べると、マカナが1番良いように思えます。

しかしマカナはご夫婦協力コースでなければ1番値段が高いです。

例えばもし体の冷えが原因で妊活が滞っているのなら、若榴da檸檬が一番良いでしょう。

一方ママナチュレは、葉酸やマカなどの主成分はマカナと同じ。

ほかの栄養を食事で補うことができるのなら、1日分の粒数も少ないですし、お得なのでおすすめかもしれません。

ただし継続が半年と長いので、短期間しか使うつもりがないのなら注意が必要です。

ちなみにいずれも男性が飲むことはOKで、むしろ推奨しています。

お財布に余裕があれば、いずれであっても2人分で注文するのもありでしょう。

栄養の豊富さでマカナ(makana)に

迷いましたが、やはり栄養の種類と量から、マカナを選ぶことにしました。

私だけでなく主人も一緒の夫婦協力コースでスタートしたんです。

1日4粒は1回で4粒とは違うので、2粒ずつ、1粒ずつと飲み分けることも可能。

食後が特に良いということでしたので、私は朝晩に2粒ずつ、主人は朝早いこともあり、昼晩で2粒ずつ飲むことに。

パッケージがコンパクトなので、持ち歩くのにもかさばらず便利です。

ただ妊娠は発覚自体にも時間を要するので、最低でも3か月は続けましょう。

私たち夫婦の場合も、半年ほどして子どもを授かったのですが、その時点で2ヶ月目。

差し引きで、妊娠するまでに4ヶ月ほどかかったことになります。

ちなみにマカナは妊娠後の栄養補給としてもおすすめです。

葉酸は妊娠後には赤ちゃんが育つためにも欠かせません。

ただ悪阻がひどい時は無理をせず、1粒ずつ飲むか飲まない期間を作りましょう。

私もせっかく飲んだマカナを戻してしまうほどひどい時期があったんです。

メーカーに連絡すれば休止もできますから、製品が余ってしまうこともありません。

今は安定期に入り、赤ちゃんが男の子だとわかったこともあって、主人はもちろん、義両親の喜びもひとしお。

出会える日を家族一同、楽しみに待っています。

まとめ

食事で栄養補給を完璧に行うのは大変なので、妊活サプリの助けを借りましょう。

ただサプリにも種類があるので、できるだけ多くの栄養を含んでいるものか、ピンポイントで自分に足りないものをカバーできる製品を選ぶのがコツです。

私の場合は、栄養の質も量も豊富なマカナを選びました。

値段が高めですが、50種類以上の栄養はそれに合うだけの充実さをくれますよ。

もし授かるか不安を抱えているなら、マカナでクヨクヨする日々にさよならして、赤ちゃんと出会う期待に満ちた時間を過ごしましょう。
makana(マカナ)の販売店と通販で安くお得に買う方法