昔から、肉を食べたくなったりお腹が
前に出て来たら男の子だとか、お腹が
横に大きくなると女の子だというよう
な迷信のような言い伝えがありますよね。

希望する性別の赤ちゃんを産み分ける
「男女産み分け法」はどのくらい成功
するのでしょうか。

そもそも、自己流の産み分けと
産み分け指導をしてくれる病院に通う
のとでは、やはり成功率は違うものなのでしょうか。

自己流で行なう場合と、病院での成功
率の比較をすることは難しいですが
やはり、産み分けに良いとされている
いろいろな方法を自分でするよりは、
効率面と安全面を考えると病院での指
導を受けた方が良い気はしますね。

しかし、日本産婦人科学会によると産
み分けに関しては、科学的根拠はない
という公式見解が出されています。

過去の経験やデータに基づいて、
安全性に問題がなければやっても良い
というような少し消極的な立場をとっています。

とはいえ、どうしても家庭の事情でで
きれば希望する性別の子供が欲しいと
いう人もいますよね。

そこで、科学的な根拠はないとはいえ
過去の経験やデータから成功したもの
を実践しているというのが現状です。

病院でされている産み分け法は、タイ
ミング法、リンカル錠の服用(男児希
望の場合)、ゼリーの使用、バーコー
ル法などがあります。

バーコール法については、安全面に問
題があった時期があり、現在は問題が
ないのですが、実施していない病院も
あります。

男女産み分けに関してはデリケートな問題ですね。

個人的な体験から感じたことですが
私は、男の子を産みましたが
野菜や果物が好きで体はアルカリ性に
偏っていたんじゃないかなと感じます。
031

友人は、最初が女の子で2番目が男の子でした。
女の子の時は、ラーメンやお菓子ばかり
食べていましたよ。酸性に偏っていたかもです。
2番目の時は、果物ばかり食べていました。

偶然かもしれませんが別の友人もそうでした。
別の友人は、産み分けようと
意識的にそうしたそうです。

女の子がほしい時は膣内が酸性
傾くような食事を意識して
甘いものや脂っこいものを食べていたそうです。
男の子がほしい時は、膣内がアルカリ
傾くような食生活で
野菜や果物をメインで食べていたそうですよ。

とはいえ、何よりも念頭に
置いておくべきことは、
産み分けをする前に、
産み分けが成功しない場合でも
受け入れる覚悟があるかということです。
ここが大事ですね。

男の子がほしくて産み分け法を
したつもりで女の子が産まれても
同じように愛することができるか
夫婦で話し合っておく必要がありますね。

病院で指導されても自己流でも
100%成功はあり得ません

また、産み分けなど何もしなくても
50%の確率で希望の性別になります。

成功しなかった場合のことをまず考え
てから産み分け法を検討した方がいいです。

男女産み分けに期待できる
口コミで人気の潤滑ゼリーがベイビーサポートです。
詳しくは公式サイト↓
ベイビーサポート