タバコが子供に悪影響!妊活中に禁煙すべき理由

妊娠中の喫煙が胎児に悪影響を及ぼすことは、知られていると思います。

しかし妊娠中だけでなく、妊娠する前の喫煙も子どもに悪影響があり、また胎児への影響だけでなく、生まれてからも健康被害があるといいます。

妊娠中に喫煙をすることで、出生体重が減少すると言われています。

これは、喫煙期間が長いほど影響は大きく、妊娠前からの禁煙でも同様の傾向があることがわかりました。

喫煙期間が長いほど胎児への影響は大きく、妊娠前から禁煙したとしても、喫煙による健康状態や生活習慣などから低体重の子供が生まれる危険性があることがわかっています。

また、出生体重が減少すると、生まれたときだけでなく将来的に肥満の恐れや心臓病の発症率も高まります。

これは、妊娠中に喫煙をすることで、胎児のときに飢餓状態を経験しているので、出生後に栄養を蓄えやすくなるためです。

喫煙は、低体重以外にも危険があります。

それは、ニコチンや一酸化炭素などの有害物質により、早産・死産・早期破水・絨毛膜羊膜炎・上位胎盤早期剥離・前置胎盤・先天性異常などのトラブルのリスクが高まります。

妊娠前なら喫煙しても問題ないと思われている方もいるかもしれませんが、妊娠前の喫煙は妊娠する能力が低下しますし、授乳中の喫煙は、母乳の出が悪くなりますし、母乳が出る期間も短くなります。

更に、その母乳を飲んだ乳児は、ニコチン中毒になることがあります。

1日20本以上たばこを吸う人の母乳を与えられた乳児は、嘔吐や下痢、脈拍増加や落ち着きがないなどの症状が現れることもありますし、乳幼児突然死症候群や小児喘息の発症率も増加することがわかっています。

妊娠前の喫煙も妊娠中の胎児や出生後の子供にも悪影響があることがわかりました。

もし喫煙経験かある方も、可能であれば妊娠前に禁煙をすることが一番良いですが、なかなか止められないという方もいるかもしれません。

しかし、妊娠したことをきっかけに8割以上の方が禁煙したいと思い、7割の方は禁煙に成功しているそうです。

妊娠は、人生最大の禁煙のチャンスともいえますね。

妊娠したら、それまで禁煙できなかった方も、夫婦ともに禁煙して健康な赤ちゃんの誕生を迎えられますように。