サンマットは、電気マットや湯たんぽと何が違う?

冬になるとあらゆる暖房器具が活躍しますよね。

部屋全体を温めてくれるエアコンやストーブ。

そして、ピンポイントで温めてくれる電気マット。

さらに、就寝前に布団の中を温めてくれる湯たんぽ。

このような暖房器具を活用しながら、寒い冬を何とか乗り切ってきた方も多いのではないでしょうか。

特に今年は例年よりも気温が下がることが予想されており、冷え性の方にとっては辛い時期が待っていると言えるでしょう。

あらゆる暖房器具を活用しながら何とか冬を乗りきりたいものですが、暖房器具のデメリットはその場から離れてしまったり、暖房器具を切ることにより、すぐにまた寒くなってしまうことですよね。

そこで、冷え性に悩まされている方にぜひオススメしたいのが、サンマットレンタルになります。

その時だけ温めてくれる暖房器具とは大きく異なり、サンマットは遠赤外線及び温熱の効果によって、血流を改善しながら疲労を取り、健康な体へと導いてくれます。

それでは簡単に、サンマットの仕組みについてお話ししたいと思います。

サンマットの1番の特徴は、体への遠赤外線と温熱の伝え方にありました。

ストーブや湯たんぽ、電気マットのようにただ熱を直接体に伝えるのではなく、人体が放射している遠赤外線と、同じ領域の波長を送ることで、体から放射している波長と体内で共振させます。

すると、体内の水分子を振動させることにより熱を発生させていき、体を内部からしっかりと温めていくため、その場だけ温かくするのではなく、体の芯からポカポカと温かくなるのがポイントになります。

公式サイトでは、サンマットで30分間加熱したサーモグラフィー画像と、一般的な電気マットで30分間加熱したサーモグラフィー画像の両方を公開しています。

この画像を見ていただくと分かるように、遠赤外線を伝えると、体の表面だけが熱くならないため、体の深部で熱を作ることが可能です。

普通の暖房器具は、器具から離れてしまうと体が冷えてしまい、逆に寒暖差により血流がどんどん悪化していく可能性があります。

しかし、サンマットの遠赤外線と体とが共振して作り出す大きな熱は、深部でとどまりながら長く体を温め続けていきます。

このような仕組みから、サンマットは人体に悪影響を及ぼすことがないのか、心配になる方もいらっしゃいます。

そこで安全性についても確認してみましたが、使用されている遠赤外線は、人体からそもそも放射されている波長と同じ波長である事がわかりました。

また、自然界の遠赤外線の中でも育成光線と言われる、人が健康で生きるために必要な光線と同じ波長になっています。

さらに、サンマットは、家庭用温熱治療器として財団法人に認証されている商品です。

あなたが真剣に冷え性に悩まれていて、根本から改善したいと考えているのなら、ぜひこの機会にサンマットをレンタルしてみてくださいね!
サンマットレンタルの口コミ評価!血流改善で妊活に役立つ家庭用遠赤外線温熱治療器の噂は本当?

us